損切りすることができない

損切りすることがなかなか出来なくて、一回のトレードで大きく負けてしまう。ということを経験したことはありませんか?
 多くの方が、うまく損切りできずに負けています。なかなか損切りできない人の心理は、マイナスを確定させたくない、負けを認めたくない。という気持ちに支配されています。ご自身では、なかなか気づかないかもしれませんが、これはもう感情でトレードをしているということなので、すでに負けています。一つ一つのトレードで一喜一憂しているようでは、絶対に勝ち続けることは出来ません。そんな感情トレードを卒業するための、本来あるべき、トレーダーとしての考え方、感情トレードを回避する具体的な方法を紹介します。

 感情トレードを行ってしまう背景には、自分が買いなら買い、売りなら売りをした根拠を信じすぎている。ということがあります。このチャートパターンが出たから価格はこれから上がる!!絶対上がる。というふうな考え方がまず間違っています。トレーダーは常に価格が上昇する、下降する。このどちらもあり得る。とまず一番に信じる必要があります。この普遍の事実を信じ切ることが出来れば、FXが確率論であることを深く理解し、もし価格が自分の不利な方へ進んだ場合は、今回は違ったんだなと、あっさり負けを認め、資金を守るために損切りを行えるようになります。

なかなか損切り出来ない人の特徴として、FXは結局上がるか下がるかは50%50%でしょ。と思っている。だから、持ち続ければいつかは反転すると思い、持ち続けてその結果大きく負けてしまうという人もいます。
 FXを50%50%だと思っている方というのは、たった一つの真実を知ることで急に勝てるトレーダーへと変貌しやすい方たちであるといえます。FXの結果を確率論に基づくとすでに信じられているということなので、一つ一つのトレードに一喜一憂することはないでしょう。ただ、負けを確定しなければ、いつかは戻ると思っているから、損切りできないていないということなので。
そんな方に知っていただきたい真実とは、50%50%の戦いで利益を上げることは可能であり、実現するために必要な行為が損切りだということ。早めに負けを認め、損小利大を作り上げることで利益を伸ばすことができると理解するだけでトレード結果は変わってきます。
 
 トレーダーとしての考え方をまとめると、
1.チャートから読み取るサインを絶対だと信じてはいけない、どちらの結果もあり得ると理解、信じること。

2.確率の中で勝ち抜くためには、早めの損切りをし、損小利大を作り上げる必要があると理解、信じること。

たったこの二つを理解し、信じて行動するだけで、勝てるようになってきます。

人は自分の思っていることが一番正しいと思いたいというものです。損切りしたくない。と心の底で思っていたら、無意識に損切りしないでいい理由をチャートに探そうとし、普段使っていない理論などを都合よく信じるようになるものです。仮にそれでプラスで終われたとしても、それは、あなたのトレードで勝ったわけではなくただのまぐれです。
まぐれを積み重ねても成長はありません。そんなトレードからは何の経験も、データも得られません。自分のトレードをすることに意味があることを理解しましょう。もしあなたがFXを研究し尽くして、値動きのすべてを理解し、もう学ぶことが何もないという状態でない限り、負けトレードから得られるものは大きいはずです。損失は勝つための必要経費だと考えましょう。

感情トレードを抑える方法

エントリーする時に、ストップと利確ポイントを設定する。価格が上昇すればどうするか、下降すればどうするか、レンジになった場合はどうするか。このように、あらゆる値動きをあり得るとし、それらの値動きに対しての対処を明確に決めておく。
無計画が感情トレードを行わせる。どうしても感情に負けてしまうという人は、エントリー前にストップ、利確ポイントを設定し、それを動かさないこと。これだけでも徹底しましょう。



最新情報をチェックしよう!