平均ボラティリティ

FXでトレードするうえで重要なポイントの一つにボラティリティがあります。ボラティリティとは変動値幅のことをさします。平均ボラティリティを求めることでその日の値幅を予測することができます。

ドル円の22日平均のボラティリティが60PIPSだとした場合、今日の値幅も大体60PIPSくらいになると予測できます。
※土日はFXは取引出来ないので一か月の平均ボラティリティを求める場合は土日を除いた21~22日となる。

平均ボラティリティのトレード活用方法

・一日上昇トレンドが続いて、平均ボラティリティを達成した場合、それ以上は上昇しにくいと考えれるため、利確ポイントや、逆張りのポイントになる。

・平均ボラティリティを大きく超えた場合、なにかいつもと違うことが相場に起きていると考え、自分の手法の優位性が保たれていない可能性があるのでトレードを控える。

デイトレーダーであれば、平均ボラティリティを知ることで相場にたいして優位に立ちまわることが可能になるだろう。

ボラティリティをチェックできるサイト↓↓↓↓
http://volachecker.com/

本来の使い方ではないが、ATR(Average True Range) というインジケーターを日足に表示することで、知りたい期間の平均ボラティリティを得ることも可能です。

 

 

 

最新情報をチェックしよう!