一目均衡表の見方

一目均衡表は一目山人というペンネームを使った日本人によって発表されたテクニカル指標です。世界中のトレーダーからも「Ichimoku」として親しまれる、純国産のテクニカル指標として人気を博しています。一目均衡表と他の指標との大きな違いは、一目均衡表には時間という概念をチャート分析の中で重要視しているということです。そのため一目均衡表はとても奥が深く、熟知している投資家は数少ないと言われています。そんな一目均衡表の基本的な見方を紹介します。

一目均衡表は5つの線からなります。

基準線・・・・過去26日間の最高値と最安値の中心値を結んだ線で、中期的なトレンドを表します。

転換線・・・・過去9日間の最高値と最安値の中心値を結んだ線で、短期的なトレンドを表します。

先行スパン1・・・・基準線と転換線の中値を26日先行させて表示したものです。

先行スパン2・・・・過去52日間の最高値と最安値の中心値を26日先行させて表示したものです。

遅行線・・・・その日の終値を26日遅行させます。

先行スパン1と先行スパン2に囲まれた部分を「雲」と呼びます。

一目均衡表には3つの買いサインがあります。

1.転換線が基準線にゴールデンクロスしたとき。
2.遅行スパンがロウソク足を上抜けしたとき。
3.ロウソク足が雲を上抜けしたとき。

そして、それぞれが出現したとき、それを好転したといい、上のすべてがそろった場合を三役好転といい、一目均衡表では強い買いサインになります。また、それぞれが崩れることを逆転したといい、すべてがそろった場合を逆転した場合を三役逆転といい、強い売りサインとなります。

 

 

 

一目均衡表に関する書籍↓↓↓↓

 

 

最新情報をチェックしよう!