GMMA 順張りトレード手法

GMMAとは12本のEMA(指数移動平均線)を用いることでトレンドの強弱を視覚的に捉えることができる複合型移動平均線のシステムです。
移動平均線は短期組と長期組に分けられます。
短期帯:3, 5, 8, 10, 12, 15の期間のEMAで構成される。

長期帯:30, 35, 40, 45, 50, 60の期間のEMAで構成される。


短期帯は短期間におけるトレーダーの売買動向としてみる。
長期帯は長期間におけるトレーダーの売買動向としてみる。
短期帯、長期帯の乖離はトレンドが強いことを表し、接近がトレンドが弱いことを表す。

 

GMMAは移動平均線のようにクロスや傾きでトレンドの方向性や転換ポイントを探ることはもちろん、ボリンジャーバンドのように帯の拡大や縮小をみて分析することもできます。

長期帯のEMAの拡散はトレンドの強さを、短期帯のEMAの拡散は変化の予兆とされています。短期帯の縮小は調整的な値動きを示唆し、長期帯ではトレンドが弱まったとみる。

短期帯、長期帯が同時縮小し始めた場合はトレンドの転換の兆候とする。短期帯と長期帯が接近し、あるいはクロスしたが、抜けきらなかった場合は、そのままのトレンドの継続を示唆する。

GMMAを使えば上の画像のようなところでトレードすることが出来る。トレンドに沿った押し目買い、戻し売りをするのに優れたものといえる。

短期帯が長期帯を上から下に、下から上にと短い期間で抜いている時、長期帯がサポートとして機能していない。これはレンジ相場だと言える。このような場合はトレンドがはっきりするまでトレードを控えることで勝率を上げることが出来る。
 
 また、GMMAは最も長い期間設定のEMAでも期間60と、あまり長い期間とは言えないので1分足トレードに利用するのではなく、もっと長期の時間軸でのトレードに活用したほうがサポートとして機能してきます。

 

 

GMMAに関する書籍↓↓↓↓

最新情報をチェックしよう!