GemForex(ゲムフォレックス)のスプレッドはドル円0.3pipsから!!

海外FXのなかでも、最大1,000倍までハイレバレッジがかけられることもあって人気があるのが「gemforex」ですね。

だからこそやっぱり気になるのがスプレッドがどの程度になるのかではないでしょうか。Gemforexのスプレッドについて説明していきます。

gemforexのスプレッド

そもそもスプレッドとは、通貨ペアの差額のことをいいます「売値(BID)」と「買値(ASK)」の差になり、スプレッドで小金稼ぎをしている人もいるのではないでしょうか。

Gemforexの場合はハイレバレッジにしたときは、取引量が10万を越えることも珍しくありません。このスプレッドは通貨のペアごとによっても変わりますし、口座によっても変わります。

Gemforexのスプレッドの特徴として「変動性」であるということです。

そのため為替の動きが大きい時期には、スプレッドも広くなってしまいリスクが高くなってしまいがちです。また取引総数の少ない相場も変動しやすい、早朝もリスクが高くなるのです。

Gemforexにおいてはスプレッドが手数料のようなものになります。他にかかる手数料は一切ないので、初心者であっても比較的シンプルで挑戦しやすいともいえるのではないでしょうか。

gemforexの口座は2種類ある

ノースプレッド口座」と「オールインワン口座」の2種類があります。

ノースプレッド口座

ノースプレッド口座は名前からもわかるように、スプレッドの単位が極小にて設定されています。

例えばUSD/JPYでは平均0.3とかなり狭いスプレッドになります。

狭いスプレッドになるとその分リスクが少ない気もしますが、gemforexでは入金ボーナスを使用することができません。

自己資金をできるだけ押さえてボーナスだけを使う、ノーリスクの取引はできません。

そのため初期にある程度まとまった金額のお金が必要になります。

オールインワン口座

それに対してオールインワン口座の場合、USD/JPYでは平均1.2と平均的な数字です。最大でも1.5程度になります。

この口座では入金ボーナスが獲得できること、最低100円からの入金で口座が開設でき自己資金がなくても海外FXをスタートできます。

ゲムフォレックスのオールインワン口座はスプレッドこそ特に狭いことはないですが、他の海外FX業者と比べれば平均的と言えます。

それに対して他とは比べられないほどの豪華な入金ボーナスを受けられるゲムフォレックスのオールインワン口座では少額からFXを始めることができます。

まとめ

Gemforexのスプレッドについて説明しましたが、通貨ペアや口座によっても変わります。いずれも極小のスプレッドだったり、多くても平均的なものです。スプレッドの倍率も考えると、gemforex以外を使う理由はありません

入金ボーナスなど豊富なボーナスを利用したいのでれば、オールインワン口座ですし、資金的に余裕のある場合はノースプレッド口座を使うようにするといいでしょう。自分にあったスプレッドで口座を選ぶようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!