FX トレンド転換はこのようにして見極める

下の画像は2019/06/11にXAU/USD(ゴールド)にてエントリーし、112pips獲得した時の30分足チャートです。

ゴールドは下落後もみ合っているような状態でした。
そのもみ合いの中で現れたのが上ヒゲの長い陽線。

その陽線のあと、価格を下げることなくゆっくりともみ合い高値まで上昇したのち、ストップを狩るように下落、安値更新しました。

そして、2連続の陽線で大きく上昇(スラストアップ)したのを確認してエントリーし、112pips利益に変えることができました。

今回のトレードのポイントは、黄色い矢印で示しているポイントとなります。

まず一つ目の矢印なんですが、長い上ヒゲなので、上値が固いことを意味しているから、下降トレンドは継続すると判断してしまうかもしれないのですが、

長い上ヒゲをつけたものの、陽線で終わっていてさらに下ヒゲはないことと、その後のローソク足で上昇していることを見ると、

これは売りの圧力を表すものではなく、上を試しにいく動きと判断できるので、そこから潜在買い勢が確認できるので、価格が落ちれば高確率で買われていくことが予測できました。

そして、ストップ狩りによる下落、このストップ狩りも転換する際によく起こるので、買いエントリーのヒントとなりました。

二つ目の矢印のスラストアップで、ストップ狩り後しっかりと買いの勢いがあることを確認することも出来たのでエントリーしました。

複数の根拠をしっかり確認したうえでエントリーすることで、勝率は格段に上げることができます。

 

最新情報をチェックしよう!