FX うまくいかないワケ これを理解することこそ最も重要になる!!

FXを始めたもののうまくいかないと悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

初心者がFXで失敗するのは理由があり、後々後悔しても大切な資金が戻ってくるわけではありません。

FXでうまくいかない人のやり方にはとある共通点があります。FXで失敗しやすいポイントを理解して、損をしないトレードを心掛けてみませんか。

損切りをせずにポジションを持ち続けてしまうこと

FXで損をした経験のある人の多くは“損切り”ができないことにあります。損切りできない理由にはトレーダーによってさまざまな理由があると思います。

予想していたポジションとは逆方向に相場が動いているのに、「もしかすると取り戻すかも」と考え損切りできない人もいますし、新規エントリーのときに損切りの注文をだしていないこともあります。

損切りをしていないとポジションを持ち続けたまま数日間放置してしまい、大損してしまった人もたくさんいます。

損切り注文がいかに重要なことかFXを学んでいれば知っていることのはずです。

損切り注文を決める為に、いくらまで損をしていいのか決めておきましょう。

他のトレーダーの情報をあてにしすぎている

インターネットなどFXの情報で溢れています。でもその情報は本当に信用できるものですか?

億トレーダーが発信している情報を聞いてしまい無意識のうちに、相場の分析に影響を与えてしまうこともあります。

他人の意見に左右されてポジションの保有を決めてしまうと、「情報をあてにしないほうが良かった」と後悔することもあります。

あくまでも参考程度に見ておくこと、自分の意思で最終的な決定を行うようにしてくださいね。

また、FXではテクニカル分析を過信しすぎてしまう人もいるので、想定外のときに臨機応変の対応ができるように多角的な視点を持つようにしましょうね。

FXでうまくいかないときの解決方法とは?

FXでうまくいかないとき、お金を稼ぐという考えを一度外してみたほうがいいかもしれません。

もちろん投資をする人の多くは少しでもお金を増やしたいと思っています。ただFXで実際に利益を得ているのはたったの1割に過ぎません。

お金を稼ぎたいと強く思ってしまうと、欲求に負けてしまいがちです。

FX初心者のうちはFXを学ぶ姿勢が大切です。

長期的な目で見て勝ち続ける為にはどうしたらいいのかを考えると自然とFXに対しての余裕が出てきて、解決できるはずですよ。

まとめ

FXでうまくいかないとき、まずは自分の気持ちと向き合い焦りをなくすことが大切です。

基礎をしっかりと学び、知識をつけることも忘れずに行うようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!