FXスワップポイントの税金ってどうなるの?節税対策にいい⁉

FXのスワップポイントで得た利益で、税金の支払いは発生するの?と悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

少しでも節税できるに越したことはありませんし、税金がかからないほうがいいですよね。

FXのスワップポイントの税金についてご紹介していきます。

FXではどんなときに税金がかかるの

まず大前提として会社員など給料を受け取っている人の場合、FXで利益を得たときに20万円を上回ると税金がかかります。

主婦・学生・自営業者などの給与所得者でない場合は、FXで利益が出たときに38万円を越えると税金がかかってしまいます。

取引をして得た利益はもちろん、スワップポイントで得た利益も含まれます。

FXの利益が一定の条件を超えたときはもちろん、損失を翌年度に繰り越す手続きをしなくてはいけないときに翌年度「確定申告」を行う必要があります。

FX業者によってスワップポイントの受け取り方が変わる

スワップポイントはFX業者によっても変わるのですが、ポジションを保有しているだけでも毎日発生して付与されるものと、決済時にまとめて発生するタイプがあります。

毎日付与されるタイプの場合は、1月1日~12月31日までに利益が20万円を超えなければ、確定申告をする必要がなくなります。

ポジションをそのまま維持していると分散されて課税対象になるので、節税対策としても最適です

決済時にまとめてスワップポイントが付与される場合は、取引で20万円を超えてしまう場合は、決済するタイミングを測ったほうがいいでしょう。

例えばその年に20万円の利益があれば、翌年度にスワップポイントの決済をずらしたほうが税金対策になります。

また、FXのスワップポイントで税金をかけたくないのであれば、税金対策についても考えておくのをおすすめします。

例えばFXで使用したPCやスマホ、通信代、書籍やセミナー代などは経費として計上できます。

利益が出てもかかった経費を差し引きしたうえで確定申告をするので、結果として節税できるケースもあります。

FXでどのぐらいの利益が出ているのか把握しておくようにしてくださいね。

関連記事

FXで利益を得る方法の一つにスワップポイントがあります。通貨の金利差を使って運用する方法になるのですが、スワップポイントはFX業者によっても違います。国内FX業者のなかでもスワップポイントが高いおすすめの中から、一覧にしてご紹介しま[…]

まとめ

FXのスワップポイントをできるだけ税金をかけずに受け取るのであれば、業者選びのときに毎日受け取るタイプか決済時に受け取るタイプかも含め確認しておきましょう。

翌年度確定申告が必要になってしまうケースもありますし、少しでも節税を考えれば把握しておきたいポイントだといえるのではないでしょうか。

最新情報をチェックしよう!