FX口座開設の審査ってどんなもの?審査に落ちたらどうなるの⁉

FXの取引を始める為にも事前に口座を準備しなくてはいけません。

でも口座開設には審査があるって聞いたけど、審査の基準については気になるところです。

そもそも審査は厳しいのか?落ちることもあるのか?など、FXの口座開設で抑えておきたい審査について説明していきます。

FXの口座開設の審査って厳しい?

FXの口座開設は、どこの業者に依頼するのかによっても変わりますが2日~3日程度と言われています。

FXの口座を作りたいとは思っていても、審査に通らなければスタートラインにすら立てません。FXの審査基準についてはどこも“非公開”とされています。

ただ審査に通った人に共通していたことをまとめてみると、「資産がある」「虚偽の記載がない」「満20歳以上」だったことがわかります。

なかでもFXの口座開設では、申請した人がどの程度の金融資産を持っているのかを重視しています。

FXの場合大きな損失を出してしまうと、本人が負担しなくてはいけません。

でも資産を持っていなければFX業者の損失になってしまいます。

FXの業者によっても異なりますが、資産の最低基準を設けているところもあるので条件が満たないと審査に落ちてしまう可能性は十分に考えられます。

とはいえ、FX業者では本当に申請した金額の資産を持っているのか、調査することはありません。

あくまでも自己申告になりますし、資産の金額も大雑把で幅をもたせています。

自己申告であなたの任意にはなりますが、ここで嘘の申請をしないように注意してください。

嘘の申請をしないと審査に落ちてしまうのでは!?と思いがちですが、FXの審査はそこまで厳しくないので、落ちてしまう可能性は少ないと覚えておいてくださいね。

もし口座を開設してから嘘が判明した場合、強制解約になってしまい取引ができなくなります。

関連記事

当サイトで紹介する海外FX業者はすべてゼロカットシステムを採用し、金融ライセンスも取得しています。ゼロカットシステムとは・・・価格の急激な変化により、ストップロスが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合、その分のマイナスは業者が[…]

FXの審査に落ちてしまったら…

FXの審査に落ちてしまうことも少なからずあります。

ただしFX業者はその理由を絶対に教えていません。一度審査に落ちると再度申請を出し直したとしても通ることはまず考えられないのです。

FXの審査に落ちてしまったら別のFX会社で申請すると審査に通ることは十分に考えられます。

もし落ちてしまったときは別のFX会社を利用するようにしてくださいね。

まとめ

FX口座開設の審査で大切なことをご紹介しました。

審査に落ちない為には資産・虚無の記載・20歳以上などの条件もありますので、まずは希望するFX業者の口座開設の条件を確認したうえで申請するようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!