FX口座は海外業者を選ぶ方が安心かつ利益を出しやすい!?

FXの取引を始める為には、事前に口座を開設する必要があります。

でも国内の業者とは違い海外だとわからないこともたくさんあり、不安に思う人もいるのではないでしょうか。

海外でFX口座を作るうえで覚えておきたいメリット・デメリットをご紹介します。

海外のFX口座を作るメリットは?

海外のFX口座を作るメリットといえば、まず最初に思いつくのは「レバレッジ」の高さですよね。

かつて国内FX業者ではレバレッジの縛りがなかったものの、個人口座は25倍、法人口座は100倍までに制限されるようになりました。

これに対して海外FX口座にはレバレッジの規制がなく、平均500倍、最大2,000倍などの高額レバレッジを提供している業者もあります。

少ない資金でも高額な取引ができることを考えると、レバレッジの高さはメリットになります。

また取引の万が一のリスク回避の為に「ゼロカットシステム」を導入している業者もおり、大切な資産を守るだけでなく高額な負債を防止する役割もあります。

レバレッジの高さは損失が出てしまったときに負債のリスクもあり、これを回避するのが目的です。

他にも海外FXでの違いとして「変動型スプレッド」をメインとしていることです。

もちろん国内FX業者でも導入している企業もありますが、変動性ならではのメリットもあり取引が有利になることもあります。

海外FX業者のなかには口座を開設すると豪華なボーナスを提供しているところもあり、入金ボーナスなどの得点も含め、証拠金の金額を抑えて取引ができます。

なかでも入金ボーナスを使えばより幅広いトレードにも繋がります。

関連記事

当サイトで紹介する海外FX業者はすべてゼロカットシステムを採用し、金融ライセンスも取得しています。ゼロカットシステムとは・・・価格の急激な変化により、ストップロスが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合、その分のマイナスは業者が[…]

海外のFX口座を作るデメリットは?

海外のFX口座を作るデメリットもあります。

国内FX業者と違い金融庁の管轄ではありません。

そのためレバレッジの規制はもちろん、信託保全などの仕組みがなく投資家に不利益にならないような対策が万全とはいえません。

海外FXで口座を作るときは、どこで口座を作ればいいのかそれぞれの特徴を比較したうえで、条件のいい業者を選ぶようにしてください。

まとめ

海外のFX業者のメリット・デメリットについてご紹介しました。

海外というと本当に大丈夫なのか心配になってしまう人もいるのではないでしょうか。

もちろんデメリットもありますが、メリットの部分が多いのも特徴です。

ただし業者によっても異なる為、大切な資金を預けるうえで安心できる業者選びをしてくださいね。国内外に問わず、業者選びが重要です。

最新情報をチェックしよう!