FX口座とは? FX口座開設に必要な物からおすすめ口座まで!!

これからFXを始める人にとって、事前に行わなくてはいけないのが「口座開設」です。

そもそもどうしてFXの取引をするのに口座を開設する必要があるのか?

どんな手順が必要なのかなど意外と知らない人も多いのではないでしょうか。

口座を開設するために必要な書類や手続きもありますので、事前に確認したうえでミス無く進めていけるようにしましょうね。

FXの口座とは?

FXの口座は取引を行う為の「資産運用専用の口座」です。

あなたの大切な財産を預ける点では銀行口座と同じものですが、そもそもの目的が異なります。日々の生活で使うお金とは別にFXに使うだけの資金を管理する意味でも必要な口座です。

FXには利益を出せる可能性もある反面、資産を失い損失を出してしまう危険もあります。

FX専用の口座を作って入出金の管理をすることで、大切な資産を守ることができるのです。ただしFX専用の口座では自動引落の設定や本人名義以外の口座から入金するなど、通常の銀行口座でできる手続きはできません。

またFXの口座を作るときに絶対に勝てるものにしたい!という人もいるのですが、そんな口座は存在しません。

あなたの取引手法にあったFX口座を選び勝ちやすくすることが大切です。

FX口座を選ぶ際の大きな違いとしては、国内業者なのか、海外FX業者なのかで大きな違いがあります。

国内業者
・レバレッジが最大25倍までと規定があり、少額から始めるには向かない。
・ゼロカットシステムがなく、リスクが無限にある。(借金する場合も)

海外FX業者
・レバレッジが100倍~3000倍と、少額からでも十分に利益を狙える
・ゼロカットシステム採用で、口座残高以上の損失は業者が負担してくれる。(有限責任)
・口座開設ボーナスなどが豪華で、お得に始められる。

このように、国内業者と海外FX業者を比べると海外FX業者を利用するメリットの方がはるかに多いのですが、国内業者を利用する人の中には、日本語のサポートを受けたいからという理由が多くあります。

しかし、現在の海外FX業者の多くは日本語サポートも手厚く、国内業者と変わらないような日本語サポートを受けるところも多くなっています。

関連記事

当サイトで紹介する海外FX業者はすべてゼロカットシステムを採用し、金融ライセンスも取得しています。ゼロカットシステムとは・・・価格の急激な変化により、ストップロスが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合、その分のマイナスは業者が[…]

FXの口座は誰でも作れるの?

このFX口座はFX業者によっても開設の基準が変わります。

基本的には誰でも口座を作れるのですが、希望する業者がどんな条件を定めているのかは事前に確認するようにしてください。

例えば年齢制限として20歳以上、資産は100万円以上などの上限がある業者もいます。

18歳以上で口座を作りたいときは、親の同意書があればOKとしていることも。

また反社会組織だったり、証券会社の従業員などは口座を作れないこともあります。その他にスマホやPCも含めインターネット環境がないと取引をするのは難しいと思います。

この口座を開設できる条件を確認したうえで、手続きを進めていきます。

また、口座を開設するうえで「本人確認書類」と「マイナンバーのわかるもの」が必要になります。写真付きの運転免許証やパスポート住民基本台帳個人番号カードなどを用意するのを忘れずに!

まとめ

FXの取引を行ううえで、口座は絶対に必要なものです。

大切な資金を守る為にも口座がないとついつい使いすぎてしまったり、生活費に支障が出てしまうことも…。

FX口座を作るための条件や必要書類なども確認し、スムーズに口座開設を進められるようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!