FX初心者の時に読んでおきたい本 おすすめ3冊

FX初心者にとって本は知識の宝庫です。FXの基本知識はもちろんノウハウなどすべてが載っています。何から勉強したらいいのかわからない初心者のうちは、本を読んだほうが専門的な知識も学びやすく効率的に学べます。そんな初心者にこそ、是非ともおすすめしたい本を厳選して紹介します。

 

東大院生が考えたスマートフォンFX

 

2015年に初版が出版され何度も重版されている、FXの良書といえばこれでしょう。田畑昇人さんは大学在学中にFXをはじめ、元金50万円からたったの9ヶ月で1000万円を突破しました。TV「人生が変わる1分間の深イイ話」に登場したことでも話題になりましたね!

 

田畑さんがすごいのは、スマホ1台でここまで結果を出したことです。勝率7割、年利50%と驚異的な数字を叩き出し続けています。革新的なアプローチでFXに挑み確かな結果を出しています。FXの基礎知識を学んだら絶対に読んで欲しい1冊です。順バリや逆バリのポイントやダウ理論なども含め、勉強になります。

一番売れてる月刊マネー誌ザイが作った「FX」入門

 

FX初心者の入門書といえば絶対に外せない本です。マネー誌として有名な「ダイヤモンド・ザイ」とトレーダー「羊飼い」がコラボして作られた本で、とにかくわかりやすい!2009年に初版が発売されてから何度も重版されベストセラーにもなりました。

 

オールカラーでイラストや図解がいっぱいなので、視覚で勉強でき専門用語の多いFXでもすらすら頭に入ります。本当に役に立つ入門書としても知られ会社の選び方、レバレッジやスプレッド、チャートなどFXをはじめるうえで必要なことがすべて書かれています。

 

現在発売されている改訂版では個人投資家の成功談や失敗談もあり、リアルな体験が学べます。

 

はじめてのFX1年生 儲かる仕組み損する理由がわかる本

FXの初心者におすすめしたい経済入門書作家の小暮太一さんの本です。質問形式になっていて、ただ読むだけでなく考えるポイントもあるので大切なことを読み逃してしまうこともありません。わかりやすさを極限まで追求するためにドル円のみが説明されています。

 

FXについて全くの初心者でこれから基礎を学びたい人向けの本です。儲かる為のテクニックではなく、流れや仕組みを理解して少額からコツコツと設ける技術を身に着けたい人に。

 

■まとめ

FX初心者が是非とも読んで欲しいおすすめの本を紹介しました。出版されたのが最近ではなくとも、FXの基本は変わりませんしたくさんのトレーダーが読んでいるからこそ確かな実績もあります。FXには覚えなくてはいけない専門用語もたくさんありますので、まずは基礎からしっかりと学び形にしていきましょう。

最新情報をチェックしよう!