FXの確定申告は利益がマイナスでもやった方がいい!!

FXで投資をしているすべての人に確定申告が必要なわけではありません。

ただし利益が出た場合は翌年度に確定申告をしなくてはいけません。

会社員の人だと確定申告をしたことがないので、なんのために必要なのか?そもそも確定申告とはどのようなものなのかよくわかっていない人もいるのではないでしょうか。意外と知らないFXの確定申告について説明します。

[outline]

FXで確定申告が必要な人とは?

FXで確定申告が必要な人についてですが、まず会社員のケースからご紹介します。

給料を受け取っている場合…

・年間の給与の収入額が2,000万円以上

・年間の給与の収入額が2,000万円以下でもFXによる利益が20万円を超える

両者に当てはまる場合、会社で年末調整をしていても確定申告を行う必要があります。

次に自営業者・主婦・学生(扶養に入っている場合)になると、FXで利益が38万円を越えると確定申告の申請が必要になります。この38万円というのは扶養に入っていると「配偶者控除」を受けられる判断基準の数字です。38万円を超えてしまうと扶養家族からも外れてしまうので十分に注意してくださいね。

損失が出ても確定申告をする理由

またFXで利益が出たときはもちろんのこと、損失が出てしまった場合も確定申告をするのをおすすめします。本来であれば確定申告の必要はないのですが、申告することによって「繰越控除」を受けることができます。

その後3年間の間に利益が発生した場合は損失と相殺して、納税額を減らせる可能性もあります。つまり100万円の損失が出てしまったら、確定申告をしないとそのまま100万円を失ったことになります。

でも確定申告をしていた場合、翌年度に100万円の利益が出たとしても差し引きゼロになるので税金がかかりません。それだけでも大きな節税に繋がりますね。

FXで確定申告をするときに、取引に関する経費を「必要経費」として申告できます。

例えば売買手数料もそうですし、書籍代、セミナーの参加費、パソコンの購入費用を経費と差し引いた金額が確定申告で申告する売上になり、20.315%が納税するべき金額になります。

まとめ

FXでは利益が出ても出なくても確定申告が必要なケースがあります。

申告を忘れてしまったばかりに損失が大きくなってしまうことも…。

会社で年末調整をしていても個別に手続きをしなくてはいけません。また確定申告は直接税務署に行って支払うこともできますし、郵送で申請もできますので負担にならない方法を選んでくださいね。

最新情報をチェックしよう!