FXの利益に対しての税金ってどうなるの!?FX税金対策!!

FXをこれから始めたい!と思っている人にとって必ず把握しておきたいのが「税金」についてです。利益が出た場合、どの程度の税金がかかるのかは誰もが気になるところです。

FXの税金が払えないことがないように、税金について正しい知識をつけておきましょう。

FXにはどのぐらいの税金がかかる?

FXの税金は1年間(1月1日~12月31日)の取引で得た「利益」に対して課税されます。

例えば為替差益やスワップポイントなどが考えられます。もし100万円を元手に10万円の利益が出た場合は10万円が課税対象になります。

ただし未決済のポジションのままになっているものは、課税の対象外です。税率は一律「20.315%(所得税15%+住民税5%+復興特別所得税0.315%)」になります。

復興特別所得税は2013年1月1日~2037年12月31日まで徴収されるもので、東日本大震災の復興の財源になっているものです。

FXで得た利益は「雑所得」として分類されます。会社員として仕事をしていると、年間2000万円以下の所得者の場合、毎年「年末調整」が行われています。印鑑や変更事項を記載して提出する書類に見覚えがあるのではないでしょうか。

この場合、源泉徴収済みの金額と本来の納税額を精算しているため、個人で確定申告を行う必要はありません。

ただし、給与や退職金以外の年間所得が20万円を超えてしまうと、翌年に確定申告を行う必要が出てきます。

FXで損をした場合は税金がかからない?

FXで利益が出る人もいれば中には残念ながら損失を出してしまう人もいます

。利益が出てなければ税金はかかりません。ですが何もしないよりも確定申告をしたほうがお得になることもあります。FXには「繰越控除」が適用され損失を3年間持ち越して利益と相殺することができます。

例えば2年目に利益が出たとして、損失を計上すれば利益分と相殺できるので税金対策にも役立つのです。

繰越期間の間はその年にいくら損失として申告するかを自由に決めることができます。利益が出なかったら申告しないのではなく、後々のことを考えて申告しておくのをおすすめします。

まとめ

FXで得た利益は所得税・住民税等税金の対象になります。

会社員なのか自営業なのかによっても変わりますが得た利益は翌年の確定申告を行うことによって、税金が安くなることも。

せっかくFXで利益が出ても税金の支払いを忘れていて払えない!なんてことにならないように十分に注意して、お金の管理を行うようにしてくださいね。

最新情報をチェックしよう!