FX チャートって何?チャート分析とは

FXでは、株価や通貨などの値動きの推移をグラフにした「チャート」を使ってこれからの動きを予測します。FXにとっては欠かせないものであり、読み方が分析の方法がわからないと話になりません。

そんなFXのチャートとはどのようなものなのか?種類や読み方についても詳しく説明していきます。

FXのチャートとは

FXのチャートは、過去の為替レートをグラフとして書き記したものです。

主に価格や時間を軸にしているため、視覚化されたデータをもとに相場の流れが予測できます。

例えば要人の発言や統計指数の発表があると相場に大きな動きがある、など相場には必ず似たような流れがあります。過去を参考にしながら将来を予測することもできますし、テクニカル分析につなげることもあります。

チャートで最も一般的な表現方法として「ロウソク足」があり、日本ではよく使われています。相場の動きをロウソクの形で表したものになり「始値」「終値」「高値」「安値」の4つの値で形成されています。

関連記事

プライスアクションプライスアクションとはローソク足一つ一つから値動きを読み取り相場の状況を判断するのに用いられる分析方法です。ローソク足は4つの情報(始値、終値、高値、安値)からなり、それらの情報を重視して分析するのがプライス[…]

ロウソク足はその日ごとの動きを表す「日足」、分単位の動きを表す「分足」、月単位で表している「月足」、年単位で表している「年足」があります。

トレードをどのぐらいの期間で行うのかによっても違いますが、短期トレードであれば分足などの短い範囲のチャートを見て判断します。

チャートには投資家の心理が表れる

FXのチャート、相場を動かしているのは投資家たち人間です。そのため人間の群集心理が強く影響します。投資家のほとんどは同じチャートを見ているので似たような予測を立てるようになります。

相場を見ていてそろそろ下がりそうかな…と思えば持っているポジションを売ろうとします。実際に大量の売り注文が入り相場が下がることは十分にあります。人間の心理が相場を動かすので、群集心理の流れをいち早く掴むことがFXで利益を出すコツでもあります。

ただしチャートは万能なものではありません。相場の動きからある程度のことを予測することはできますが、世の中はときに予想のつかないことがたくさんあります。

そのためチャートを見ていたからといって必ずしも利益が出るとは言い切れません。あくまでも値動きを予測する方法の一つです。

まとめ

FXのチャートは読み方さえ慣れてしまえば簡単です。時間と価格の基本軸をもとに相場が上がるのか下がるのかを予測していきます。

過去のデータも確認できる分、分析もしやすく利益にも繋がりやすくなります。

最新情報をチェックしよう!