学生でも出来るの?FX口座開設

近年は多くの人たちが資産運用に関心が持つようになった結果、FXなどの投資活動をおこなう方が増えていきました。

この傾向は学生であっても例外ではなく、投資活動に関心を持つ方は増えつつあります。ですが、社会に出ていない学生であってもFXの口座開設はできるのでしょうか。今回は学生が口座を作ることなどについて調べてみました。

少額から始めるなら海外FX業者がおすすめ

学生でもFX口座は作れる

・学生であっても20歳以上ならば確実に、18歳以上でも一部の業者ならFXの口座が作れる

20歳以上の成人であれば学生、社会人に関係なくFXの口座開設がおこなえます。また「SBI FXトレード」など一部のFX業者に限定されますが、こちらは20歳ではなく18歳から口座開設が可能です。

ただし、20歳未満の方は法律的にはまだ未成年とみなされるため、口座開設をする際は両親など法定代理人にあたる方の同意が必要となりますので気をつけてください。

18歳の方がFXの口座開設をするときに別途用意しなければいけないもの

FX の口座開設するときは免許証や健康保険証、マイナンバーなど本人確認用の資料を提出する必要があるのですが、18歳や19歳などの未成年の方の場合はさらに法定代理人の同意書も用意しなければなりません。

用意するのは「戸籍謄本など、法定代理人と口座を作る人の関係性を示す書類」「法定代理人の免許証やマイナンバーカードなど、法定代理人が存在していることを示す書類」「未成年者が取引をすることに対する同意書」の3つになります。

なお上記の法定代理人に関する書類は、20歳を過ぎた成人であれば学生、社会人に関係なく不要なものとなります。

また、学生証は本人確認の資料としては使えないので気をつけましょう。

学生であってもまとまった資産を用意してからFXの口座開設をしたほうがいい

FXの取引は数万円ほどの資金があればおこなえますが、万が一のことも考えて20万円ないし30万円程は用意してからは取引をおこなうようにしてください。(国内業者の場合

FXは資金にレバレッジをかけて運用するので、万が一大きな損失が出ると「追証」として資金を追加で投入しなければいけないという場面に出くわすことがあるからです。

追証とは・・・・急な価格の変動により、口座残高以上の損失を受ける場合がFXにはあり、その際の損失も顧客自身が支払いをしないといけないというものです。

もしも途中で資金が枯渇してしまうと、取引が強制的に終了させられるだけでなく差し押さえが発生したり、ブラックリストに自身の名前が載るようになったりと、思わぬ事態におちいる可能性があります。

学生の段階ですと、数十万もの資金を集めるのは大変かもしれませんが、ブラックリストなどに名前が乗ると後々の活動にも響く恐れもあるので、しっかりと資金を用意してから取引をするようにしてください。

海外FXなら少額から、低リスクで始められる

これまで国内業者でFXを始める場合の話をしてきましたが、国内業者ではまとまったお金が必要なため、学生には正直厳しいように感じます。

海外FX業者であれば、国内業者とは違い、追証はありません。

急な価格の変動により、口座残高以上の損失が出た場合も、多くの海外FX業者では口座残高以上の損失は業者が負担してくれるため、顧客は口座残高以上の損失を受けることはありません。

また、国内業者で始める場合にまとまった資金が必要な理由はもう一つあり、それは、レバレッジ倍率によるためです。

レバレッジとは・・・・FXでは口座資金を担保に業者からそれ以上の金額を借りてトレードすることができます。

FXは価格の変動を予測することで利益を狙う取引ですが、一日の値動きはそんなに大きいものではありません。そのため、ある程度まとまった資金で始めないと、稼ぐことが出来ません

そこで重要になってくるのがレバレッジになります。日本ではレバレッジ倍率が最大25倍までと決められているため、少額では稼ぐことが難しいのが現実です。

しかし海外業者ではレバレッジ規制がないため、レバレッジが200倍~3000倍と非常に高く、少額から始められます。また海外FX業者では追証もないため、最悪の場合の損失のリスクは口座残高までと決まっているので初心者の方でも安心して始められます。

また、海外業者では新規口座開設キャンペーンが豊富な業者もあり、0円からFXを始めることが出来る業者もあります。

・追証がない
・レバレッジが高く、少額から始められる
・新規口座開設キャンペーンが豊富
関連記事

当サイトで紹介する海外FX業者はすべてゼロカットシステムを採用し、金融ライセンスも取得しています。ゼロカットシステムとは・・・価格の急激な変化により、ストップロスが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合、その分のマイナスは業者が[…]

まとめ

FX は20歳以上であれば学生であっても口座開設ができ、さらに一部の業者であれば保護者の同意が必要なものの、18歳からでも口座開設がおこなえます。

ただしFXは取引をすればすぐに儲けが出るというものではなく、相場の分析や各国の各国金融政策の分析をすることも必要となりますので、そうしたことを分析する力も欠かさずにみにつけてから取引するようにしてください。

少額から始めるなら国内業者ではなく、海外FX業者がおすすめ。

最新情報をチェックしよう!